簿記2級試験、勉強方法を考える

先ほど、簿記2級試験を受験してきました。簿記3級は2回目で合格したので、「これはいけるかも」と思い、簿記2級も受験しているのですが、甘かったです。

TAC出版の「あてる」しりーズを買い、何度も練習してはいたのですが、時間がかかりすぎてしまいます。独学だから仕方ないのかもと思っていたのですが、TAC出版のページに「動画解説」があるではないですか!

問題の解き方の動画解説を見れば早いかもと思い、PCから動画を見たのが、試験当日の朝。、、、もっと早くから見ておけばいいのに。。。社会人だからなのか、O型だからなのか、いつも決断が遅いのです。

しかし、解き方解説の適格なこと!おかげで問題解くのが格段早くなりました。疑問点の解決も早いです。

試験を無事に受験できましたし、いつもよりも手ごたえありました。

「簿記2級なんかとってメリットあるの?」よく聞かれる質問です。ふふふ、みんな簿記のすごさがわかってない人が多いみたい。

簿記とると、今までぼやーとしていた会計の数値達が、ハッキリと見えてくるようになるのです。経常利益から確定申告、自分の経費・会社の経費などなど。新卒で入社した会社は繊維メーカーで、原価計算など少し業務でしたこともあり、簿記2級を挑戦しております。

そういえば、亡くなられた流通ジャーナリストの金子哲雄さんも、「サラリーマンのおすすめの資格は簿記2級! ぼくは準1級までとりました!」って、言われてました。そのあと、「資格とって営業しないと、客はきませんよ」とも言われてたっけ。

資格とって営業します。