会社を立ち上げましたー会社設立①

会社員をようやく辞めることにしたので、起業のために会社を設立いたしました。

「今すぐ妻を社長にしなさい」や、「プライベート・カンパニーを設立しよう」

などの書籍を一通り読んでみると、会社員をしながらでも、個人の会社を設立するのはそれほど難しことではなく、費用も10万円程度でできると書いてあるではないですか!

さっそく、ネットで検索して、会社の概要を記載した「定款(ていかん)」の書き方をみてみました。

私は既に「個人事業主」として、毎年青色申告しておりまして、既に青色申告用の事業届は出しております。青色申告の事業届も、島根県松江市の確定申告会場で紙一枚を記入して、提出しただけでしたので、非常に簡単にできました。事業内容は「不動産事業」です。10年前、
東京に住んでいるときに、一人住まい用の中古マンションを購入し、すぐ転勤といわれたので、ほとんど住む期間なく、賃貸に出しました。それ以来、「不動産事業」と「会社員の収入」を併せて、確定申告しております。このまま「個人事業主」でもいいのですが、会社員も辞めることだし、メリットも沢山ありそうなので、会社を設立してみました。

定款の書き方で出てきたのは、なんと経理処理でお世話になっている「freee」のサイトです。

行政書士の定款記載代行サービスも行っているんですね。

手順としては、
1)サイト内・メールでやりとりした行政書士さんに、費用6千円にて定款確認を依頼
2)穴埋めで作成した会社定款を、まちがないかチェックしてもらう
3)行政書士さんから最寄の公証人役場を教えていただき、定款提出の予約を電話で取得
4)定款の公証人チェックを行政書士さんに依頼する(後日、「行政書士○○さんに定款チェックを委任いたしました」という委任状がいる)
5)予約した定款提出日に、定款書類、本人の印鑑証明書、行政書士さんの委任状を、公証人役場の公証人さんに提出
6)提出時に52,000円を公証人役場で支払う

という工程で、無事会社設立が終了いたしました。

行政書士さんとのメールやり取りが1週間くらいで、1回の公証人役場面談で無事設立できました。費用も52、000円でしたが、資本金によって、こちらは変わってくるようです。私の会社は最低ラインの金額です。

会社の名前は「T&Mメディカル㈱」でございます。
業務は
・不動産事業、
・医療用具輸入販売業、
・コンサルタント事業などなど、

行って行く予定でございます。現在は、社長1人の個人会社でございますが、これから本格的に事業立ち上げていきたいと思います。

事業を始めるにあたり、「会社辞めたんです!」と報告したら、みなさんから「おめでとう!」のお言葉、たくさんいただきました。

本当にありがとうございます。

ちょっと心配かけてる方々もいると思いますが、最近、起業されてるお友達が本当に増えてきたので、なんだか上手くいきそうな予感がいたします。めっちゃ楽観的ですね、計画もちゃんと練りますよ。

動き出してきました、楽しみです。