サカナクション、大阪城ホールライブ楽しかったです!

サカナクションの大阪城ライブに行ってきました!

年率5%の投資方法を紹介して、皆様に幸せをおとどけする投資家・石原 たまみ です。一応こう見えて、学生の時はJAZZドラマーでしたので、ライブも行くのが大好きです。日本のアーティストで最近よく行くのは「サカナクション」です。まじめでかっこいいと思います。

会場が広いと、チケットとれました。

小さいライブハウスでのライブが多かったのですが、久しぶりに大阪城ホールの大きい会場でのライブがありました。小さいライブハウスも楽しいのですが、チケットがなかなかとれません。その点、会場が大きいとチケットが当たる確率も高まります。チケットが無事とれたので、行ってきました。ラッキーです。

しかし、サカナクションのボーカル・山口一郎さんが言ってましたが「赤字です」とのこと。大きいホールでのライブは、設備にとってもお金がかかるようです。今回は6、1chサラウンドということで、音の設備もこだわっている様子です。会場満杯になってもペイしないんだー、としみじみしながら、ライブを楽しみました。

ビジュアルと音、脳にインプット

ライブ良いところはなんと言っても臨場感です。ビジュアルと音でガンガンかけると脳が活性化いたします。映画を見たり、舞台を見たりもそうですが、体験したり、映像を見たりすることが、脳のインプットには良いようです。「イメージしよう、自分が思う方へ」と歌詞がありましたが、ライブに行くとイメージが広がるので大好きです。楽しいですね。

実は一緒にライブに行った方が、ライブ関係者のお友達らしく、もう少し会場にいれば会えたかも!というニアミスもありましたが、ちょっと残念でした。ダンス関係の方らしく、ライブに来られていたようです。ダンスもとっても印象的でした。センスあるなーと思いましたが、振付師で食べていけるのも、すごい力量ですね。世の中いろんな仕事がありますね。一口にライブといっても、今や、映像、照明、音響、CG、とか沢山ありますし、人数多いアイドルグループだと、人数分の衣装や楽屋、考えただけで恐ろしくなります。いろんな人の仕事の結晶ですね。

ドラムをアナログでたたいている時は、あまり考えてきませんでしたが、ライブこそいろんなことが進化している感じがいたしました。サカナクションのライブでは、メンバーの方がマック5台並べて、チキチキする演出がでてきます。アナログ時代はそんな演出考えられませんでした!!イヤー時代の変化に対応していきたいと思います。