玄米、最高!美味しく健康に、しかも㌔500円で経済的。

目次

玄米食復活しました。

最近、玄米食を復活して、毎日ほぼ3食、玄米を食べています。お昼はおにぎりにして、車の中や、移動中に食べています。とっても手軽で美味しいです。

以前は、玄米食にしても、食欲が止まらず、際限なく玄米を食べてしまい、太ってしまっていたので、玄米を炊かず、糖質制限食をしていたのですが、母から玄米を大量に送ってもらったのを機会に、再度、玄米食を復活してみました。すると、食欲はまあまあ普通にあるものの、食べても太らず、むしろスッキリと痩せていくようになりました。食べ方の問題だったのでしょうか?よくわかりません。

玄米は炊飯器炊きで215分。

炊き方は象印の炊飯器・玄米活性炊きで215分です。一緒に豆を入れたり、ヒジキを入れたりして炊くこともあります。おにぎりにするときは、ラップに包んで握るだけ、お塩などはつけません。あっという間に握れます。手軽です。真夏は暑いので、持ち歩きませんでしたが、最近はほぼ毎日、おにぎりを持ち歩いています。何より、おなかが空いたときに、お菓子などを買わず、パッと食べれるのが最高にいいです。

象印 炊飯器 IH式 極め炊き 5.5合 ブラウン NP-VN10-TA

玄米を食べてるとデトックスになりそう。

玄米、豆おにぎり

玄米を食べ続けていると、体重が痩せていくのもそうですが、デトックスになっているような気がいたします。無駄なものが削ぎ落とされていくような感覚です。白米よりも最近は美味しいと感じます。豆と一緒に炊くと水分多くなりがちですが、玄米だけで炊くと、プチプチとした食感と、繊維質のある感じが、体をきれいにしてくれている感じがいたします(あくまで個人の感想です)。体重が増えず、少し減ってきているのも嬉しいです。

玄米は最も経済的な食材

しかも、玄米は最も経済的な食材です。3キロ1500円くらいから、販売されてます。㌔500円で買えますね。私は実家からもらってくるので、実際はお金かかってません。対栄養価でいったら、一番安い食材だと思います。白米は食べると太るので、罪悪感がありますが、玄米は丸ごと頂くので、太らないし、最近は沢山食べても罪悪感はなくなりました。むしろ、玄米をいただく度に幸せを感じます。玄米を受け付ける体質に変わって、本当に良かったです。

玄米豆ごはん