2022:神田昌典さんの講演会に参加してきました

神田昌典さんの講演会に参加してきました。

神田昌典さん著書「2022」を読んだのは2012年のこと、早いもので7年前となります。「2022」に記載されていた未来に近づきつつある2019年、それから毎年新年に全国を講演会に回られている神田さん。大阪での講演会に2年ぶりに参加してきました。「写真とってもいいですよ」のよびかけはあったのですが、携帯の電源が厳しい!ということで「メモの魔力」を読んでいらい、必須のノートをとりまくりです。ノートとって、考えをまとめなければ!!

衝撃のアンドロイド音声入力!

神田さんの講演会に入って衝撃だったのは、 Android 端末を駆使して音声入力をしていることでした。神田さんが使ったのはAndroid 端末、講演会で話されていくことがどんどん文字入力されていきます。「これで書籍がすぐに作れるんですよ!」、衝撃の発言でした。すでに Google Suite という共有ソフトを、アルマクリエイションズ社内では対応されているようでした。

勝間和代さんのメルマガでも、Windows のソフトから、 Google に変換をしたと書かれていました。 Google の方が、Windows よりも、全てにおいて起動が速くなってきているという実感だそうです。私も Android のタブレットを導入しましたが、ドキュメントで音声入力がすぐに出来るのも、とても早くできるのでありがたいです。そして何より短文ではなく長文の入力が可能になるそうです。音声入力の方が断然早いので、長い文章をアウトプットすることが可能になります。(この文章も音声入力 Google ドキュメントで入力しています)

こういう新しい技術を早めに取り入れ、音声入力が取り入れられない会社に対して、先を越さなくてはいけません。 新しい技術どんどん取り入れていきたいです 。もちろんコストパフォーマンスを意識し、 リスクの少ないところから導入していきますが、 良さそうなものはどんどん投入していきます。既成概念を変えます。

講演内容は、「逆転してみる」「否定文にしてみる」、そして実践的な発想の転換

肝心の講演会の内容は、「逆転」×3回、「否定文にしてみる」など、またまた神田さんらしい発想法で、2019年のビジネスの方向を決めるというものでした。神田さんも話しきれなかった様子で、後日、補足の音声ファイルがとどきました。19年の後半からは、景気減速の流れがある中で、今後の方針を決めるべきとのことでした。しかし、やるべきことを具体的に落とし込む、実践的な内容の講演会でした。神田さん、ありがとうございました。

終了後の懇親会へも、初めて参加してきました。

そして懇親会でたくさんの方と名刺交換させてもらいました。ありがとうございました。 神田昌典さんのセミナーには、教育関係の皆様が、多数参加されています。 NPO・Reジョブ大阪の「 命の教室」のチラシを配って、宣伝です。 関西のたくさんの学校で、高次脳機能障害の下川さんの講演ができますように! 申し込みしたい方は、Reジョブ大阪ホームページまで連絡ください!