高次脳機能障害講演会:2019 2月

見えない障害を理解するために:高次脳機能障がいについて

東大阪の高次脳機能障がい当事者会「え~わの会」主催、講演会に参加してきました。同じ障害をお持ちの下川真一さんと、駅で待ち合わせして、会場に向かいます。下川さんもTwitterはじめたし、1年前と比べても、めっちゃ変化しています。

そして、今回はツイッターで橋本先生の講演内容を、その場でレポートしてみました。

ADHDや認知症は、最近よく耳にします。そして、出産年齢も上がってきているので、自然とリスクが高くなっています。いまや35歳以上の出産って普通ですもんね、20年前は35歳以上の初産は高齢出産と言われてました。

講演の中で、神経ピラミッドを用いて説明してしていただきました。高次脳機能障害のある方は、診察中眠くなる人が多い、それはピラミッドの一番下にある「神経疲労」起こしてしまうから。この話をされる10分前くらい、まさに神経疲労を起こして、意識消失して寝てしまった私、、、隣居た下川さんは「どつこうかと思いました」と言われました。あれれ。

この問題を克服するには、

①姿勢を正して、②深呼吸、③ストレッチ、④みどりの中で運動

することだそうです。「脳に酸素がいってないので、眠くなるんです」とのことでした。NYの高次脳機能障害回復プログラム(20日間で48500ドル!)でも、眠くなると、姿勢を正し、お水を一口飲んで、深呼吸しているそうです。「なるほど」と思い、自分でも深呼吸をし、この後は意識が回復、無事最後まで、講演をきくことができました。

このイラっとしたときのポジティブフィードバック、心がけたいですね。イラっと来るときは、「この感情はなんでくるのか?」と原因を追究するようにしています。原因がわかれば対処しやすいし、自分に原因があることがしばしば。1秒待ち訓練も「そうだよね」とうなづけます。なかなかそうはいかないことが多くても、ご家族に寄り添って考えたいと思いました。

自分の生活にも、あてはめたい事ばかり。できることを認めていきたいと思いました。

橋本先生の講演の後は、当事者3名が登壇しての橋本先生とのディスカッション、会場からのQAでした。そちらは、リジョブ大阪のブログを西村紀子さんが書いてくれてますので、そちらの素晴らしい文章をどうぞ!

NPO法人Reジョブ大阪HP:https://www.re-job-osaka.org/  

書籍はこちらから: 「知っといてぇや、これか高次脳機能障害者やで」Kinde本:960円

「知っといてぇや、これか高次脳機能障害者やで」書籍:1260円