チラシはシンプルに、反応をみよ!

チラシ:自分の意図とは違うものができてしまう

チラシを作成することが、増えてきました。SNSにも載せるけれど、イベントのチラシは反応が命、自分が思うよりもシンプルにしていかないと何も伝わらないのです。

先日もデザイナーの人にキレイなカワイイチラシを作っていただきました。しかし、色は多いわ、文字は多い、見た目は賑やかですが、反応はゼロ。伝えたい事が何も伝わっていません。デザイナーの方が悪いわけではないのです。弊社の事業からみて、キレイなチラシではなく、内容を絞った、シンプルなチラシでないと、伝わらないのです。

色は使う量を少なく、伝えたいことはシンプルに、電話番号を大きめに、など、自分で作成した方が早くて、低予算で作成できるので、こちらに変更です。

講演、セミナーは演題、演者と日時、場所を大きく

営業マン時代に、散々チラシは作りました。しかしポイントは、日時、場所、演題名など、伝えたい事をシンプルに記載するのに限ります。ここが小さくては、何を言っているのかわからない。

弊社のチラシの場合は、場所と連絡先です。これさえあれば、問い合わせの電話がかかってくるはずです。デザイナーに頼まなくても充分です。

チラシは営業ツールです。これを持って、ターゲット層に営業に回るのが大切です。さあ、チラシを作り直して、営業に回ろう。